おぢろぐ ~ミニカー&模型ブログ~ ozilog

【特集】 トミカ 大井川鐡道特注 C11 きかんしゃトーマス号 歴代比較

2018/07/08
大井川鐡道 (トミカ)
【記事番号922】

毎年初夏に大井川鐡道にてリリースされている特注トミカ

大井川鐡道 C11 きかんしゃトーマス号ですが

2018年で早くも第4弾となりました。


s-P7014520.jpg
2015年7月発売【第1弾】

s-P7014517.jpg
2016年6月発売【第2弾】

s-P7084569.jpg
2017年7月発売【第3弾】

s-P7014511.jpg
2018年6月発売【第4弾】



一見パッケージ以外どこも変化が無いように見える

このシリーズなのでパッケージから出してしまうと

分からなくなってしまうのではということで

見分けるポイントを纏めてみました。



まずパッケージの見分け方はSTマークの右側の数字が発売年度になってますので

パッケージ後ろを見れば分かります。


s-P7014521.jpg
2015年7月発売【第1弾】

s-P7014518.jpg
2016年6月発売【第2弾】

s-P7014515.jpg
2017年7月発売【第3弾】

s-P7014512.jpg
2018年6月発売【第4弾】




次に付属シールですが、これは2016年の第2弾から付属になりました。

コチラについては物だけ見て判断できないので、おぢろぐのこの記事で判別してください(笑)


s-P7014519.jpg
2016年6月発売【第2弾】

s-P7014516.jpg
2017年7月発売【第3弾】

s-P7014513.jpg
2018年6月発売【第4弾】

★スポンサーリンク★




さて、ここからが本題です。

肝心なトミカ自体に違いが有るのか。


ということで正面からの比較画像をご覧ください。

s-P7014507.jpg



違いが分かりましたでしょうか?

そうです目の向いている向きが毎年違うのです。

印刷ミスではなく仕様を変えているそうです。



でもコレだけではどれが何年仕様かおぢろぐを見ないと分かりませんね。

でもご安心ください。

シャーシに年号が入っているので何年仕様か判断できるのです。

s-P7014508.jpg

s-P7014509.jpg



いかがでしたか?

これで安心して箱から出して遊べますね。
(持っている人少なそうですが)



パッケージ裏の販売元は2017年まで大鉄商事株式会社でしたが2018年から大井川鐡道株式会社の表記になりました。

s-P7014515.jpg

s-P7014512.jpg




コチラのトミカは毎年早々に完売になるのと、特注品として現地販売のみなので一般の玩具店での取り扱いは有りません。


現地での販売価格は2016年まで870円(税込)でしたが2017年から840円(税込)に値下げされたとのことです。


メルカリやヤフオクの相場は1,000円前後ですので

個人的には往復交通費を考慮して最近はメルカリで入手してます。




個別記事でフルアングル画像を紹介してます。

s-P7014532.jpg
⇒2015年仕様


s-P7014530.jpg
⇒2016年仕様


s-P7014528.jpg
⇒2017年仕様


s-P7014526.jpg
⇒2018年仕様











閲覧頂きありがとうございました(^-^)



【スポンサーリンク】

nekogumioz3
Admin: nekogumioz3
訪問有難うございます。

ミニカー収集、鉄道模型少々、メダカブリードが趣味です。

我が家にあるトミカ、ホットウィール、1/64~1/18スケールのミニカー等のコレクションを保管しておくだけでは勿体ないので管理を兼ねて少しづつブログに掲載していこうと立ち上げました。

長めの文章ではなく画像中心に楽しんで頂けるように心掛けてます。


2017年8月開始

更新情報は⇒公式ツイッターアカウント
@nekogumioz3
大井川鐡道 (トミカ)